My First FRONTALE

川崎フロンターレの情報を毎日更新中!!

スタジアムデビューを目指して!
第一章 スタジアムデビューまでの奇跡 2008/06/03〜

※息子のスタジアムデビューを書こうと思います。
そろそろ首がすわった?
<< 移籍後初出場!!都倉賢! | main | 選手 Blog 更新 8/4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | -
リーグ国内移籍自由化目指す!
 Jリーグが、国内移籍自由化を目指すことが3日、明らかになった。10年度からの実施に向けて今年6月から、各クラブの契約担当者と協議を重ねていることが分かった。現行ルールでは国内移籍の場合、契約期間が終わっても元所属クラブに保有権が認められ、最大で年俸10倍分の移籍金が発生した。新ルールでは国際基準に従い、契約満了選手に関しては、移籍金が発生せず、移籍が認められる。
 移籍活性化に向け、Jが重い腰を上げた。7月から、各クラブの契約担当者を中心にプロジェクトチームを結成し、J事務局と協議を重ねてきた。当初は09年度の実施を目指したが、準備期間が短いことなどで、各クラブから反対の意見が続出。結局、10年度をメドに新ルールに移行することを前提に、協議することになった。
 Jリーグ幹部は「ボスマン判定以降、世界ルールとJルールが違ったため、FIFAからは何度か指摘を受けている。これからアジア枠も新設されるわけで、Jのルールだけでは問題が発生する可能性もある」と説明した。例えば、アジア枠で韓国や中国から選手を獲得する際に、契約満了選手に対して国際ルールなら移籍金なしで獲得できるが、Jルールなら移籍金が必要なため、トラブルが発生することも考えられる。
 昨季終了後、契約期間が満了していた浦和MF長谷部、名古屋MF本田、千葉MF水野らが移籍金なしで、海外移籍した。いずれも代表クラスで、国内移籍なら3億円程度の移籍金が発生したはずだ。しかし国際移籍の場合、国際ルールが優先で適応されるため、元所属クラブは移籍金が取れなかった。
 国内移籍の活性化は、Jリーガーの年俸アップにつながる可能性がある。選手を拘束するため、長期契約を結ぶことや魅力あるクラブづくりのため、選手の福利厚生も向上されることが考えられる。一方で、選手獲得の競争が激しくなることは必至だ。それがクラブ経営を圧迫することになれば、主力以外の選手の年俸が抑えられ格差が拡大することもあり得る。一長一短ある国内移籍自由化だが、実施は避けられない現実となった。

日刊スポーツ

ここに来てJリーグの土台もしっかりしてきて、ようやく世界基準を導入する方向でいろいろなソフト面が整備されつつあります。さて、ハード面のサッカー専用スタジアム構想がようやく活性化されて来そうですね。。

川崎サポーター必見!フロンターレの集い

ブログ村人気ブログランキングFC2くつろぐ
ブログの伝道ブログ王J RANK

川崎フロンターレ
Jリーグ全般 ニュース | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
- | 11:16 | - | - | -









トラックバック機能は終了しました。

 RSSリーダーで購読する

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

SPONSORED LINKS